雇用の未来 - ピーター・キャペリ

ピーター 雇用の未来 キャペリ

Add: ysujoz9 - Date: 2020-12-06 21:07:32 - Views: 1565 - Clicks: 1735

キャペリの研究対象は、1980年代は労使関係論が中心であったが、90年代以降は、米国における雇用問題と、企業における人的資源管理である人材マネジメントが主である。その研究の背景には、80年代以降、労使関係から見た米国の雇用状況の劇的な変化があった。 1980年代初頭、米国の景気は急速に冷え込んでいた。そこで、1981年に大統領に就任したロナルド・レーガンにより、財政支出の増大と減税、通貨供給量によるインフレからの脱却を目指したレーガノミックスが進められた。 レーガノミックスは高金利とドル高を招き、その結果、企業による米国国内への民間投資は減退し、米国の双子の赤字(貿易赤字と財政赤字)を増大させることとなる。雇用に目を向けると、外国製品の輸入拡大と規制緩和が、終身的な雇用を前提に社内で人材育成するホワイトカラーの「キャリア型雇用」が終焉を迎え、組織階層のリストラクチャリングと国内工場の閉鎖(レイオフ)、非正規雇用の増大をもたらした。 こうして、労働者保護と雇用維持を目指した米国の伝統的な雇用政策や雇用慣行は、外国企業との競争に伴う、米国企業の競争力強化とコストの削減圧力により、企業の雇用問題に対する政府介入の規制緩和が進められるなか、大きく様変わりした。 雇用の大きな変化は、第1に、キャリア型雇用保障の低下と非正規雇用の増大に伴い、従業員の企業に対する忠誠心や士気の減退を招いた。第2に、IT情報関連などの知的産業と他の産業間の雇用格差が拡大した。そして第3に、経済社会が生み出す富が不平等に分配され、その富を求めて能力のある人材(talent)が自由に移動したことで、人材市場が流動化した。その結果、仕事のスキルを伸ばしてキャリアの可能性を広げる責任が、雇用主ではなく従業員みずからに課されるようになった。 キャペリは、こうした雇用のドラスティックな変化について、Changing at Work, 1997. See full list on dhbr. ホワイトは、著書The Organization Man, 1956(邦訳『組織のなかの人間 上・下』東京創元社、1959年)の中で、そうしたビジネスパーソンの姿を「組織人」という言葉で表現した。 この時代、長期的な視点に立った人事制度として、人材育成や定期的なジョブ・ローテーション、幹部候補者教育制度、人材の360度評価などが始まっている。組織志向型の雇用が前提とされ、組織人としてのキャリアは社内で育成することが常識とされていた。 だが1980年代になると、組織志向型雇用を前提とした人材育成の諸制度が縮小した。一方、ゼネラル・エレクトリック(GE)、IBM、プロクター・アンド・ギャンブル、シアーズ・ローバックなど米国の大企業は、その中でも社内育成制度を従来通り維持し続けた。それにより、GEやIBMのような企業は、1990年代に米国の経済成長を支えた企業にとって有力な「人材供給企業」となり、コア人材の流出防止という新たな課題が生じた。 キャペリが『Harvard Business Review(ハーバード・ビジネス・レビュー)』(以下HBR)に最初に寄稿した論文、“A Market-Driven Approach to Retaining Talent,” HBR, January-February. ”(公共セクターの賃金交渉における中央政府の影響について)である。なお、マッカシーとは共著で、“Strategic Choice and Industrial Relations Theory,” Industrial Relations, Winter, 1984.

雇用の未来: 著作者等: Cappelli, Peter 若山 由美 キャペリ ピーター: 書名ヨミ: コヨウ ノ ミライ: 書名別名: The new deal at work: 出版元: 日本経済新聞社: 刊行年月:. 日本経済新聞社,. 雇用形態の多様化と人材開発 キャリア研究選書シリーズ日本の人材形成3/奥西好夫【編】,小池和男【監修】雇用関係助成金 申請・手続マニュアル 7訂版 深石圭介雇用の未来/ピーターキャペリ(著者),若山由美(訳者)e 6訂版 雇用関係助成金 申請・手続. DOORSは同志社大学の学術情報検索システムの名称です。蔵書を検索して、資料の所在や利用状況を知ることができます。DOGS Plus、学術リポジトリ、同志社女子大学、CiNii Books、CiNii Articles、NDLサーチを検索することもできます。. 雇用の未来の本の通販、ピーター・キャペリ、若山由美の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで雇用の未来を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは人文書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。.

8 Description: 413p : 挿図 ; 20cm Authors:. キャペリ,ピーター【著】〈Cappelli,Peter〉/若山 由美【訳】 日本経済新聞出版社 (/08発売) ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。. and What HR Can Do About It,” HBR, July-August. キャペリが最近、HBRに寄稿した論文、“Your Approach to Hiring is All Wrong,” with Dane E. ピーター・キャペリ著 ; 若山由美訳. と、“Management Strategies and Redesign of Jobs,” Journal of Management Studies, 1987.

(未訳)は、タイトルを直訳すると「あなたたちの採用アプローチは何もかも間違っている」となるように、現代の採用活動に関する問題点を提起している。 ソーシャルメディアが発達したことで、求職サイトに限らず、個人の属性などの個人情報を容易に検索できる時代となり、採用候補者を俊敏に特定してリストアップすることが容易になった。同時に、採用活動を専門的に行う人材紹介企業に多額な費用を支払い、アウトソーシングすることが一般化している。 ここでの問題は、こうした多額な費用を投じた採用が、企業にとって、あるいは求職者にとって、本当に満足いく雇用を生み出す結果となっているのか、である。キャペリは現代の採用活動のあり方について、そう疑問を投げかけている。 前掲の『ジャスト・イン・タイムの人材戦略』の「日本語版への序文」の中で、キャペリは以下のように述べている。 「大半の日本企業あるいは他国の企業全般が直面している新たな課題は、『企業の将来に対する不確実性の増加』である。5年後にどのようなビジネスを展開しているのか、その結果、社員に求めるコンピテンシーがどのようなものになるかは未知数である。企業にとっては、新しい競争相手や市場の出現をもたらすグローバル競争だけが唯一重要な変化、あるいは不確実性の源泉ではない。いまや労働力にも同様な不確実性が内在する」 昨今、人工知能(AI)などの技術進歩によって、その存在自体が危ぶまれる産業や職種が話題となっている。キャペリは、不確実性の時代において、これまでとは違った切り口で人材マネジメントを考えることの必要性を強く訴えている。. Cappelli)は1956年、ニューヨーク州ユーティカ市に生まれた。現在62歳。ペンシルベニア大学ウォートンスクール(以下ウォートン)のジョージ W. ピーター キャペリは傑出した仕事をしており、暇なときにしか本を書いていないことに注意してください。 最初の成功の後、彼は彼の国で人気を得て、彼の自由な時間を彼の好きな仕事に捧げ始めました。.

Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. ピーター・キャペリ氏(Peter Cappelli) ペンシルベニア大学ウォートン・スクール・オブ・ビジネス教授 コーネル大学で労務管理を学び、フルブライト奨学生として留学したオックスフォード大学で博士号を取得。. 雇用の未来 フォーマット: 図書 責任表示: ピーター・キャペリ著 ; 若山由美訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本経済新聞社,. フェルプス・ブラウン(Sir Ernest Henry Phelps Brown)に師事している。フェルプス・ブラウンは当時、ロンドン大学名誉教授を務めており、1968年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを退官後、1969年にオックスフォードのウォドム・カレッジ(Wadham College)の名誉評議員(Honorary Fellow)に就任し、オックスフォードに在住していた。 キャペリは博士論文を執筆するにあたり、1982年、マサチューセッツ工科大学スーロンスクール・オブ・マネジメントでポスドクプログラムのリサーチアソシエイトに採用された。そこで労使関係論で著名なロバート B.

日本経済新聞出版社. Amazonでピーター キャペリ, Cappelli, Peter, 由美, 若山の雇用の未来。アマゾンならポイント還元本が多数。ピーター 雇用の未来 - ピーター・キャペリ キャペリ, Cappelli, Peter, 由美, 若山作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 8 形態: 413p ; 20cm 著者名:.

)を授与された。 キャペリの博士論文のタイトルは、“Central government influence on public sector pay. (邦訳「なぜ人事部は嫌われるのか」DHBR年12月号)で示されている。 キャペリによると、彼らの役割が、業務に追われるマネジメントに対して、煩雑な人事手続きや就業規則の遵守させることが中心になったことで、人事部は煙たがれるようになったという。そして、人事部がその存在価値を示すためには、企業が必要とする長期的視点に立ち、専門能力やスキルを持つ人材の確保、人材育成、各種規制への対応、組織文化の醸成、従業員の忠誠心や士気に関する問題の対応など、経営戦略を支える役割を担う「新しい人事部」の姿を提言している。 人事部が現場のマネジメントに課してきた制度の一つに、従業員に対する年次の業績評価制度がある。“The Performance Management Revolution,” HBR, October. 【中古】 雇用の未来 /ピーターキャペリ(著者),若山由美(訳者) 【中古】afb.

雇用の未来 / ピーター・キャペリ著 ; 若山由美訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: コヨウ ノ ミライ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本経済新聞社,. 【中古】 雇用の未来/キャペリ,ピーター【著】;若山由美【訳】. ピーター・キャペリ(Peter H. 雇用の未来: 著者: ピーター・キャペリ 著: 著者: 若山由美 訳: 著者標目: Cappelli, Peter: 著者標目: 若山, 由美: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 日本経済新聞社: 出版年月日等:. テイラー記念講座教授、および同大学院教育学研究科教授を務める。また、同大学ヒューマン・リソース・センターのディレクターを兼務する。専門は、労働経済学と人的資源管理である。 キャペリはコーネル大学で労使関係論を専攻した。そして1978年に同校を卒業すると、フルブライト奨学生としてオックスフォード大学ナフィールド・カレッジに留学した。 オックスフォードでは、高名な経済学者であり、労働経済学の権威である、E. ” with Monika Hamori, HBR, January. 雇用の未来 - ピーター・キャペリ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. ピーター キャペリ『雇用の未来』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

従業員との暗黙の了解を書き改め、人事・雇用のあり方を根底から変え、労働市場の台頭で余儀なくされた経営慣行の変化と行方を企業事例や調査データをもとに説く。。 著者紹介。 オックスフォード大学で博士号取得。. 著者 ピーター・キャペリ (著),若山 由美 (訳). (12/15時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:コヨウ ノ ミライ|著者名:ピ-タ-・キャペリ、若山由美|著者名カナ:キャペリ,ピーター、ワカヤマ,ユミ|発行者:日経BPM(日本経済新聞出版本部)|発行者カナ:ニツケイビーピーエムニホン. マッカシー(Robert B. ” with Monika Hamori and Rocio Bonet, HBR, March.

超成熟社会発展の経済学:技術と制度のイノベーションが切拓く未来社会 樋口美雄、駒村康平、齋藤潤, 慶應義塾大学出版会, 年10月 日本の貧困動態と非正規労働者の正規雇用化~最低賃金と能力開発の経済効果. 雇用の未来 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: コヨウ ノ ミライ 責任表示: ピーター・キャペリ著 ; 若山由美訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本経済新聞社,. 出典: アメリカの倒産件数:ピーター・キャペリ著『雇用の未来』(年) 原典: Business Failure Record, Dun & Bradstreet, a company of the Dun & Bradstreet Corporation, 1996 日本の倒産件数: ㈱東京商工リサーチのデータを素に作成。.

雇用の未来 / ピーター・キャペリ著 ; 若山由美訳 Format: Book Reading of Title: コヨウ ノ ミライ Language: Japanese Published: 東京 : 日本経済新聞社,. 引用文献・参考文献 ≪第1章≫ なし ≪第2章≫ 『雇用の未来』 ピーター・キャペリ著 若山由美訳 日本経済新聞社 年 『新・日本的経営と労務管理』 原田實、安井恒則、黒田兼一著 ミネルヴァ書房 年 『日本的雇用慣行の経済学』 八代尚宏著 日本経済新聞社 1997年 『日本の雇用』 島田. 8 形態: 413p : 挿図 ; 20cm 著者名:. (邦訳「コア人材を引き止める法」DHBR年9月号)は、米国企業の雇用が市場志向型に変わったことを前提に読む必要がある。 キャペリは、社員が生涯で1つの会社にとどまるという概念は存在しないと主張した。人材の流動化を決定するのは労働市場であり、企業は市場の引力に逆らえない「新しい現実」を受け入れなければならない。その前提を理解したうえで、コア人材を引き止める制度として、各企業が採用する6つのプログラムを紹介している。キャペリはさらに、経営者や人事担当者には、「労働力は市場に支配される」という新. 8: 大きさ、容量等: 413p ; 20cm: 注記 原タイトル: The new deal at work. 書名 雇用の未来 ふりがな (ぴーたー・きゃぺり) 著者 ピーター・キャペリ 著者略歴 : コーネル大学で労務管理の学士号、フルブライト奨学生として留学したオックスフォード大学で博士号を取得。. 現代的な人事部が組織化されるようになったのは、人事制度を確立し、人材を育成し、それを維持する必要性に迫られた1950年代であった。 1950年代から70年代、生え抜きの人材が経営陣になる割合は90%であった。しかし、それから状況が変わって、その割合は30%程度になったことが示すように、多くの企業はエクゼクティブ紹介企業を通して経営陣の補充をするようになり、人事部が自社の人材育成計画立案に割く時間も少なくなった。さらに、通常業務に追加される形で、それまで人事部の業務であった採用から育成、業績評価や報酬の決定までが、現場のマネジメントに任されるようになった。 なぜ、人事部が嫌われる存在になったのか。この問いに対するキャペリの答えは、“Why We Love to Hate HR. 前述の通り、1980年代以降、ビジネスマンのキャリアパスは市場志向型雇用へと大きく転換した。 では、米国の「フォーチュン100」にリストアップされるような、経営者の一つの頂上を極めた人物は、いかなるキャリアパスを経てそこに到達したのか。その調査をまとめた論文が、“New Road to the Top.

米国の雇用情勢が変化するなかでキャペリが注目したのは、ホワイトカラーの内部労働市場が衰退したことで、組織志向型から外部市場志向型の雇用に移り変わった点である。 1950年代から70年代にかけて、米国企業では、最初に就職した企業に忠誠を誓い、定年を迎えるまで出世の階段をコツコツと上っていくことが当たり前であった。『フォーチュン』誌の編集長であったウィリアム H. 雇用の未来 - ピーター・キャペリ/著 若山由美/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. (邦訳「年版『フォーチュン100』経営者のキャリア・パス」DHBR年5月号)では、前回の調査に年の結果を加えて、調査対象期間の30年間で経営者の属性として最も際立った特徴である、(1)生え抜きか否かの経歴、(2)MBA取得者か否かの学歴、(3)経営者のダイバーシティ(多様性)の状況、(4)経営者に至るキャリアパス、という4項目の変化を詳細に検討した。 生え抜きか否か、を見ると、現在の会社でキャリアをスタートさせた経営者は、1980年に53%、年は45%、年には31%と減少傾向を示したが、現在の会社での勤続年数を見ると年には増えていた。その理由としては、年のドットコム・バブル崩壊と年のリーマンショックという2つの経済危機を経験したことで転職傾向が弱まっているからではないか、と推測している。 経営者の学歴は、MBAなどの学位取得者の割合は、年は65%、年は62%であったが、1980年は46%であり、80年代以降の人材教育の場が、特にアイビーリーグのビジネススクールに移転していることが顕著であった。経営者のダイバーシティについては、女性経営者の割合の増加に見られるように、その傾向は高まっている。特に金融、医療サービス、小売り分野では、他の業界よりも顕著であった。 年の調査で特に興味深かったことは、CEOや会長は出世コースを歩んできたものの、現在のポジションに至るまでに. 〒東京都世田谷区上祖師谷TEL:FAX:東京都公安委員会許可第号. Holmes, HBR, May- June. 雇用の未来 - ピーター・キャペリ/著 若山由美/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. ピーター・キャペリ 雇用の未来 : ピーター・キャペリ | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. (邦訳「年度末の人事査定はもういらない」DHBR年4月号)では、年次の業績評価を廃止する企業が増えている現状を踏まえ、業績評価の本質とは何かを問うている。 これまで年度ごとに行われてきた業績評価は、過去の仕事における個人の成果に対しる評価をもとに、報酬や昇進、あるいは叱責に重点が置かれていた。その問題は、組織の長期的な存続に不可欠な、将来に向けての能力開発という視点が希薄なことにある。 キャペリが業績評価の廃止を促す理由としては、第1に、人材マネジメントの効果を高め.

The new deal at work : managing the market-driven workforce. (邦訳「『フォーチュン100』経営者のキャリア・パス」DHBR年1月号)である。キャペリはこの論文で、1980年と年の20年間に見られた変化をまとめている。 さらに、“Who’s Got Those Top Jobs? 8: ページ数: 413p: 大きさ: 20cm: ISBN:: NCID: BA※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌. という2本の論文を著している。 キャペリは1983年、. ピーター・キャペリ著 ; 若山.

出典: (ピーター・キャペリ著『雇用の未来』より。原典: HR Executive Review:Implementing the New Employment Compact 〈 New York:Conference Board, 197 〉) それでは、終身雇用制を棄てた既存の企業は一体どんな企業になったのでしょうか?.

雇用の未来 - ピーター・キャペリ

email: omucybi@gmail.com - phone:(306) 612-8234 x 1536

鴨の水かき - 空木哲生 - 基礎経済科学研究所 新世紀市民社会論

-> 奇跡!!奇跡のオーラ健康法 - 富樫達雄
-> 危険MIX - 栗山ナツキ

雇用の未来 - ピーター・キャペリ - 国力の現状と民心の動向 昭和二十年


Sitemap 1

定本 柳宗民の雑草ノオト 春 - 柳宗民 - TAC出版 税理士試験合格の秘訣